sansanで名刺管理【紛失のトラブルも軽減】

PC

名刺管理をするなら

被害を減らす取り組みを行なっています。チャージバックリスクを減らすためには、徹底した不正対策がカギとなるのです。

こちらの会社ではコールセンターの代行やコンサルティングなどのサービスを取り扱いしております。まずはお気軽にご相談ください。

握手

営業をしているサラリーマンにはもちろん、社会人になると名刺は必須アイテムの一つになります。名刺には自分の名前と連絡先、勤めている会社名とその連絡先、携帯アドレスなどが記されているとても大切なものです。取引先に自分の名前と顔を覚えてもらおうとユニークな名刺を持っている方も数多くいます。しかし、それでも一般的な白地の名刺を持っている方は多く、名前と顔がなかなか一致しないという方もいるでしょう。また、名刺は一枚だけでなく何十枚、何百枚と交換するものなので、保管や管理も大変です。多くのサラリーマンが名刺の紛失というトラブルに悩まされたことがあるでしょう。
sansanという名刺管理クラウドがあります。sansanはスキャンするだけでクラウド上のデータベースに蓄積されるというとても便利なシステムなのです。手帳やスケジュール帳が電子化される中で、名刺だけはどんなに時が流れIT進んでも紙面として流通されています。多くの方がデスクの引き出しに大量の名刺が眠ったままの状態になっているでしょう。大量の名刺をスキャンし、クラウド上に蓄積すれば紛失のトラブルも軽減できます。また、スマートフォンやタブレットから社内の誰もが自由に検索、閲覧することも可能です。sansanを導入するだけで名刺の保管、管理がとても楽になるので、多くの企業から注目されています。時代の流れに逆らい続ける名刺だからこそ、しっかりと管理したいものです。sansanの導入をまだ行っていない企業は、ぜひ検討してみましょう。

海外で展示会を行う場合

スーツ

展示会を海外で行う企業もあります。日本にも海外の展示会に対応した業者が数多く存在します。海外の展示会に出展するに相応しいブースの施工と装飾を行ってくれるので、一度相談してみましょう。

企業に適したブースを

スーツ

展示会に出展するためにブースの施工や装飾を依頼したいと考えている企業もいるでしょう。企業のコンセプトやニーズに適した施工、装飾を行ってくれる業者は数多く存在するのでチェックしてみましょう。

展示会ブースの施工なら

女性

展示会では企業のブースごとに分かれます。どの企業よりも来客者の記憶に残るブースにするために、プロの業者にブースの施工と装飾を依頼しましょう。予算内で理想のブースを施工してくれます。